便秘を治したいのなら、運動が必要

便秘を治したいのなら、運動が必要です。

 

たまに私は、家族等に呼び出されます。後は前職の介護現場でもそうです。

 

縁あって、動作法というリラクゼーション法を勉強しているためです。

 

この方法は、本当は脳性まひのリハビリのためにあるのですが、血のめぐりが良くなって、自律神経が整うことで胃腸の状態が良くなるなど、他にも良い影響があるのです。

 

運動は筋肉がついて便秘解消をしていく上できっかけになるだけではありません。

 

運動していくことで、だるさや、疲れがとれます。

 

他には、人間はストレスがたまると、甘いものなどを食べたくなるものです。

 

上白糖は、体を冷やすので胃腸に負担がかかります。

 

そのため、今以上に内臓機能が衰えてしまう要因になっていきます。

 

運動不足で便秘になりそうなときには、私は腕や足に重りをつけて目の前に気に入らないことや人がいるという風に考えて蹴りや、パンチを繰り返します。

 

クッションなど殴ってもいいものに名前を書いて、ご近所に迷惑にならないようにしつつ、大声を出して簪や、扇子で架空の相手を倒すというものです。

 

鹿児島の武術、示現流は大きな声を出して威嚇したあと、相手に強い力で一撃を放ちます。簪は突き刺して、その隙に逃げという使い方をします。

 

声を出すというのは、おなかの筋肉が、動くので良い効果が望めます。

 

好きなだけコンボをさく裂させれば、気持ちも身体もすっきりします。

 

ここまでするのが嫌だという方は、つま先立ちで歩くなどをしても良いでしょう。

 

お尻の筋肉も引き締まっていきますので、便秘を治しやすくなります。

 

というのも、便秘の方は、どうしてもお尻がたるんでしまっているため、血行が悪くなっており、老廃物が出にくくなっているのです。

 

あくまでも、運動はきっかけなのですが、運動をすることを通じて、便秘の解消に役立てることができます。

 

あなたも便秘を治したいのなら、多少なりとも、運動をするように心掛けてみてはいかがですか。